結婚指輪の予算はいくらなのか?

婚約指輪は給料3か月分だけど

愛する人との結婚が決まって幸せいっぱい、そんなカップルにとって結婚指輪を求めることも楽しいことになるはずです。しかしながら一般的に婚約指輪が給料の3か月分と言われているのに対して、結婚指輪の相場というのはあまり聞くことがありません。それでは幾らぐらいが適正なのか、気になるところです。
最近の相場では10万円となっていて、給料3か月分ではなく3分の1といったものになるようです。理由はシンプルなデザインであること、そして宝石などがついていないからで、基本が金属と加工だけなのでリーズナブルとなっています。それゆえ婚約指輪では手が届かないハイブランドの品でも、比較的求めやすくなっているので参考にしてみるのもいいかもしれません。

気持ちが大切になります

しかしながら結婚指輪というのは夫婦にとって特別なアクセサリーであり、値段よりも、自分たちが気にいったものを選ぶことが大切になってきます。この先ずっと指に嵌めることになるので、値段で選ぶよりも好みで決めた方が愛着がわきますし、見るのが楽しくなるはずです。
そして結婚指輪に関してはハイブランドで求めても20万円もあれば気にいったものを選ぶことができます。大切なのは使い続けられるか、好みであるかということになって、値段は気にしないでまずは気にいったものを探すのがおすすめになります。常に指に嵌めるからこそ気にいったものを、相場は大切になりますが、それ以上に自分たちの気持ちを優先して選ぶことが大切なのです。