今のトレンドの結婚指輪とは?

基本はシンプルスタイル

結婚指輪とは夫婦となる二人だけが嵌めることができる特別なアクセサリーで、生涯にひとつだけのものとなります。それゆえ選ぶのに悩み迷うものとなってしまい、そんな時に今のトレンドを知っておけば参考になりますよね。あくまでひとつの目安とするのがよく、選ぶ基準は好みであることが大切です。
では現在の結婚指輪のトレンド、ブームはどういったものになっているかというと、デザイン的には昔から変わらないシンプルなものが求められています。素材はプラチナ、さらに女性用には細かなダイアモンドが散りばめられているものも多くなっています。ただし日常的に嵌めることから、邪魔にならないデザインであることがもっとも重要なものとなっています。

内側に工夫するのがトレンドです

基本的にシンプルなデザインが求められる結婚指輪ですが、内側にこだわることが多くなっています。一般的には夫婦二人の名前やイニシャル、結婚をした日を刻みます。ただそれだけではなく最近はメッセージを入れることもあって、これによって二人だけの特別な指輪となってくれるのです。
さらに人気の傾向として、西洋の幸せになれるおまじない「サムシングフォー」から、「サムシングブルー」何か青いものをというのを受けて、サファイアを内側に埋め込むことが増えています。普段から指に嵌めていて邪魔にならないシンプルなデザイン、しかしながらその内側にはそれぞれ工夫が凝らされている、これが現在の結婚指輪のブーム、ポイントになっているのです。